皆さんこんにちは。

私は、こちらの養成講座を卒業し、
ただいま専科で勉強をしております。

最初は皆さんと同じように、
こちらの説明会を聞きに来たことからスタートいたしました。

マナー講師になる!と決めてからは、
毎週二回こちらの教室に通いました。

学校のPTA活動、ボランティア活動をしながら毎週二回は正直きつかったですが、
同期の皆さんや講師の先生方が、とても素晴らしい方たちばかりでしたので、
一度も休むことなく最後までがんばることができました。

そして、皆さんに一番お話したいことは、
こちらに通い始めてから嬉しいことがたくさん増えて生活がどんどん変わっていったということです。

まず、主人や子どもたちが私を見る目が変わってきました。
「ママって大人になっているのにまだ勉強してるんだね~」「えらいね~」
と感心してくれるんです。

ある日、息子のサッカーチームのお友達が、
我が家に遊びに来てくれまして、二人で仲良く遊んでいましたので、
おやつを出してあげた後、
私は邪魔にならないようにリビングの片隅で秘書検定試験の勉強をしていました。

すると、お友達がじ~っと見つめてきて、
「なにしてるんですか~?」と聞いてきたんです。

私は、「ちょっとね~試験勉強をしているのよ~」と答えましたら、
「何の試験?」ってすかさず聞かれました。

その子に分かりやすいように、
「前に受けた試験に合格したから、今度はもっと上のステージの試験に挑戦してるって感じかな」
と答えましたら、
「へ~~~!!俺のお母さんとえらい違いですね~!」と言われました。

「俺のお母さんなんかテレビ見ながらゴロゴロしておやつばっかり食べてます~」
と笑いながらはなしてくれました。

一緒にドカーンと大笑いしましたげど、、、ちょっとギクッとしました。

それってちょっと前までの私そのものだったんです。

その時、目の前で自分のお母さんを褒めてもらって、
息子がすご~く嬉しそうな顔をしていたのを今でも覚えています。

もう一つは、「私、マナーの先生になる!」
と学生時代からのお友達に話しましたら、
どの友達にも「ひゃあ~!ぴったりだね!」と言ってもらえたことです。

昔、若かりし頃、ブライダル司会のお仕事をしていた時に、
「あなたの転職だね!」と言ってくれた友人達が、
「今度はマナー講師か~!きっと慕われる講師になるわ~!」
とそんな風に私を評価してくれたことがすごく嬉しかったですし、
「その期待に応えなき ゃ!」と力が入りました。

そしてそれ以来、日常生活においてマナーの事を、
教えて教えて!とよく聞かれるようになりました。

もちろんその場ですぐ答えられるものはお答えしますが、
まだ勉強中の身ですのでわからない事もあります。

そういう時は、「ごめ~ん!来週までの宿題にさせて!」
と持ち帰り、こちらの教室で先生にお尋ねしてからメールで一人一人お返事をしています。

そういうやりとりを色々な方としていくうちにみんなから
「先生!先生!」と茶化して言われるようになりました。

「もっと教えて欲しいから、早くマナー教室ひらいて!」
と言ってくれる人までできました。

嬉しい限りですが、「まだ、たまごよ!」と皆さんに伝えて、
「必ず講師になるから、もう少し待ってね!」とお約束をしています。

初めてアシスタント講師のお仕事をさせていただいた時、
娘から「ママ、おめでとう!!」としみじみ言われました。

娘からそんな言葉をかけられるなんて思ってもいなかったので、
涙腺がゆるみほろっとしてしまいました。

「去年の今頃は、パパに内緒にしといてね!ってこっそり説明会に参加してたやん!」

「あれからコソコソ通い始めて一年も経たないうちに夢を半分叶えるなんてママってホンとすごいね!!」
って言葉をかけてくれたんです。

子どもを二人育てて、この歳になっても人から認められる!
褒められる!って本当にうれしいことですね。

先日、専科の市川先生から、
「子どもはどんな親でも尊敬するものだけれど、
これからは子供さん達がまた違った目であなたのことを尊敬し始めるわよ!」
とおっしゃっていただきました。

本当に嬉しいお言葉でした。まさに我が家ではその兆しが見え始めています。

たったの一年でこれほど意識が変わった一年はなかったと思います。
今日この場で皆さんにお会いできたこともきっと何かのご縁だと信じています。

これからももっと自分磨きを続けて、素敵なマナー講師になりたいと願っております。
最後までご清聴いただき誠にありがとうございました。A.T

※この記事は、マナー講師養成講座説明会にて発表された修了生のスピーチです。

マナー講師養成講座の情報はこちらをご覧ください。