マナー講師への憧れから受講私は、独身時代、接客の仕事をしておりました。

新入社員研修の時からマナーの研修があり、
その後も仕事柄折々にマナー研修を受講する機会が多くございました。

その頃から、漠然とした憧れはありましたが、
どうすればマナー講師になれるのか解らず、
それ以前に自分がマナー講師という職業が務まるとは思えず、
ただ憧れるだけで終わらせておりました。

数年後、結婚を機に家庭に入り、
ある日ふとインターネットで「関西 マナー講師」と入れてみました。

すると、一番上に出てきたのがこちらの「マナー講師養成講座」のホームページでした。

私は今でもあの時の驚きと胸の高鳴りを覚えております。

マナーのお稽古などのホームページは沢山ありますが、
「マナー講師養成講座」とマナー講師になる為の講座というのは初めてでしたので、
憧れていたあのお仕事にほんの少しだけ近付けた!という喜びでいっぱいでした。

しかし少し時間が経つと、自分が出来るのだろうか・・という不安も出てきました。

ですが、せっかく見付けたこのチャンスを逃したくないっ!
という気持ちは大きく、とりあえず、説明会に行ってみようと思い説明会に参加致しました。

実はこの時、他にもマナー講師になれる講座のホームページを数件見付けたのですが、
たった1ヶ月や2ヶ月で資格を取得出来る!というタイプの講座が多く、
私はそんな短期間で身に付く程器用ではないので、
半年間をかけてしっかりと教えて頂けるこちらを選びました。

しかも、よその受講料がこちらより倍ほど高かったという事も選んだ理由の一つです。

と、いっても、「まだ説明会に参加してみる」という事を決めただけです。

こちらのホームページを見付けてから3日後が説明会でしたので、
勝手に運命的なものを感じながら参加いたしました。

期待と不安で参加した説明会は、
田野会長のお優しく柔らかい物腰ながらも、
パワフルで説得力のあるお話に私のテンションは一気に上がり、
先輩講師のお話を伺い不安はいつの間にやらどこかへ飛んでいってしまい、

「ここしかない!早くここで学びたい!」

という気持ちだけ残りその場で入会を決めてしまいました。

養成講座の半年間は本当にあっという間でした。

とはいえ、週2回2時間の授業は仕事をしていない主婦の私でも中々ハードでした。

私は昼講座だったのですが、
仕事をしながら通っていた同期はどうしても出られない時は夜の講座に振り替えたり、
それでも出席出来ない場合はテープを録音して頂き、
自宅で学習したりと頑張っていました。

私の同期は様々な年齢層で職業もバラバラでしたが、
皆で支え合い、助け合い楽しく半年間を過ごしました。

忙しくはありましたが、
今でも同期で集まると養成講座時代の話が一番盛り上がります。

大変スピーディーで充実した時間でした。

それから、専科、師範科と進み
今ではトータルマナー株式会社の講師として活動させて頂いております。

私は主に大学で秘書検定対策講座を担当させて頂いておりますが、
講座の初回と最終回では学生達の態度や意識が本当に変わります。

その成長を見る事が出来る事は本当に幸せだな、と感じます。

また、マナーを学ぶことに終点はありません。

学べば学ぶほど奥が深く、
時には答えの出ない迷路に入り込んでしまった感覚に囚われる事もありますが、
その都度田野会長や先輩講師の先生方にお聞きする事が出来るこの環境は、
マナーを学ぶうえで大変恵まれていると思います。

そうやって自分で学んだ知識はかけがえのない財産になり、
自分の人生を豊かにしてくれると私は信じております。

今、「どうしよう・・」と迷っている方がいらっしゃるかもしれませんが、
是非一歩勇気をだして踏み出して下さい!

必ず「あの時踏み出して良かった」とお思いになる日がそう遠くない未来にやってきます。

皆様とご一緒に学べる日を楽しみに致しております。M.G

※この記事は、マナー講師養成講座説明会にて発表された修了生のスピーチです。

マナー講師養成講座の情報はこちらをご覧ください。