私は以前、ある企業のコールセンターに契約社員として勤めていました。

退職後はボランティア活動などをして、それなりに充実はしていましたが、
いまひとつ物足りないものを感じる日々でもありました。

そんな時、「マナー講師の資格が取れる」と題した案内が目にとまりました。

会場が家から近いこと、夜の講座時間帯が選べることが魅力で、
「まあ、説明だけでも聞いてみましょう」と説明会に参加しました。

ですから、受講を検討されている方が、
不安に感じていらっしゃることが手に取るように分かります。

たとえば、
・本当に信頼できる講座なのか?
・高い授業料を払うだけに終わるのでは・・・?
・本当にこんな私が講師になれるのか?
・政治色、宗教色はないか?       など

説明会で講座の趣旨、何歳からでも始められること、
また年齢を重ねて活躍の場があることを知り、受講を決めました。

夜の時間帯を選んだので、昼間は今まで通りの生活を変えることなく、
時間が2倍に使えたように思います。

知らないことを学びたいという意欲と好奇心があれば、
多くの先輩先生が親切に教えてくださいます。

同期の仲間と励まし合いながら講座を学びました。

その内容は理論、実技を織り交ぜられていて、内容に富み、
私の知的好奇心を満たしてくれました。

知らないことを知る喜び、すでに知っていたマナーにも
「理由がある」ことも知ることができました。

勉強すれば講師になれる道につながっていたことに、私自身一番驚いています。 S.K

※この記事は、マナー講師養成講座説明会にて発表された修了生のスピーチです。

マナー講師養成講座の情報はこちらをご覧ください。