1. ホーム
  2. その他掲載
  3. 日本実業出版社『企業実務』2017年4月号5月号6月号「実務よろず相談室」

日本実業出版社『企業実務』2017年4月号5月号6月号「実務よろず相談室」

日本実業出版社『企業実務』内の「実務よろず相談室」というコーナーの回答者として読者のお悩みにお答えました。


名刺を切らしているときに会合に誘われたときの対応は

2017年4月号

従業員100名の製造業の総務部主任です。
名刺のストックがないときに会合参加の誘いを受けることがあります。
そうした場で名刺交換の機会があるとき、
パソコンなどで(会社支給ではない)
簡易的な名刺をつくって対応するのと、
そのときは渡さず後で送るのと、どちらが失礼にあたらないでしょうか。



社長の代理で取引先の周年記念式典に出席する際の心得とは

2017年5月号

従業員40名の通信販売業の総務課長です。
創業10周年を迎える取引先の周年記念式典が
高級ホテルで開かれることになり、
社長の代理として出席することになりました。
祝儀など準備しておいたほうがよいことを教えていただけると助かります。



失敗しない接待場所の選び方とは

2017年6月号

社歴2年目の総務担当者です。
役員から「お世話になった方の家族と会食をすることになったので、
若い人のセンスで適当に場所を予約してほしい」
という指示がありました。
といっても接待に都合のよい店というのがイメージできません。
「食べログ」などの評点もあまり信頼できないと聞きます。
こうした指示があったとき、何を基準に、
どのような店を選べば間違いないでしょうか。

月刊『企業実務』とは

1962年創刊の月刊誌。
企業の経理・人事・総務など、基幹業務をフルカバーする実務情報誌のパイオニア的存在です。