1. ホーム
  2. 式典
  3. 平成21年 新年賀会・初稽古

平成21年 新年賀会・初稽古

平成21年1月11日(日)午前11時30分より、地元西宮北口の「孤山茶屋」にて、「おめでとうございます」の晴れやかなあいさつ言葉が飛び交う中始まった新年賀会。
やむをえない事情で欠席の会員もいましたが、50名ほどの盛大なパーティーになりました。

開会宣言ののちに会員で会訓を唱和、そして会長のごあいさつは、トータルマナースタッフ会員が目指す「マナー理念」を解りやすくお話しいただき、新しい年に向かって心が引き締まる思いがいたしました。
恒例となっている会長の初げいこは「身近な日本の神様」でした。マナー講師として備えておきたい基本的な知識として、「宗教としての神様」「神様をまつる」というような事について学びました。

考えてみるとあまりに身近に存在する神様ですが、改めて問われるとはっきり答えられませんでした。 特に正式なまつり方や神拝の仕方を教えていただき、ふと実家の神棚は何が飾られていたのだろうと思う自分が恥ずかしくなりました。 神道の教えは
①すべてに感謝
②清く・明るく・素直で正しく
③つながりを大切に
とのこと。

その三つの教えを 心に留めて、今年もがんばろうと清々しい気持になりませた。 その後は、美味しいお料理、楽しいゲーム、今年の干支の記念品をいただき充実した1日でした。

研究科生 小川美矢子