学生の就職活動におけるマナーの重要性について


学生の就職活動におけるマナーの重要性について

H27年12月4日(金)
講師:トータルマナー株式会社 代表取締役 田野直美

私どもへマナーの授業をご依頼くださっている
専門学校様が主催する「企業セミナー」にて
就職活動中の学生さんの保護者会が同時に開催されました。

その際、保護者の方向けに講演のご依頼をいただきました。

今回、多くの方に知っていただきお役立ちいただければと思い、
その要旨をご紹介いたします。


マナーとは一体何か。
皆さん堅苦しいというイメージをお持ちではないでしょうか。

そうではなくて、私は普段何気ない形で自己表現する、
一番大切な手段だと思っております。

実は私は企業様を全国、北海道から沖縄まで、
マナー教育を担当しておりまして、
今、こういう子が欲しい、という求人側の声もいっぱい聞いています。

それは「コミュニケーションのできる子が欲しい」

ある企業さんが、「面接で男の子も女の子も笑顔の出る子を採ってるんですよ」
とおっしゃるので「えっ?」と思ったのです。

男の子には、「元気良くね!」「パワーやバイタリティがあるように!」
「自己紹介の時から元気にしないと第一印象大事よ!」といつも指導してきました。

ですが、それを笑顔でするとどうなんだろう?!
ヘラヘラしてると思われてしまうのでは?
と心配になり、その担当の方に伺いました。

そうしましたら、

「実は、入社してからみんなすごく出来がいい学生さんなのですが、中にはどうしても、お客さま、または上司・先輩とうまくコミュニケーションが取れない子がいるのですよ。
ところが、笑顔の子を採ると、それができてるんですよ。
だから最近は笑顔の子を採ったら間違いないんです」とはっきりおっしゃいました。

もちろんこれは一部の意見かもしれません。

ですが、そういうことを聞いて、
「男性も笑顔でニコッと笑って『失礼いたします」』と言って入って来い!」
と、今は言ってます。

今の学生さん、特に皆様のお子さんである学生さんは、
いいものをいっぱいお持ちなんですよ。

でも、それが表に出ない、「もったいないねー」っていつも言います。

ですから就職指導するときはその子の良さを引っ張り出すために一生懸命になります。
けれど、なかなか出てこない。

「マナーと一緒なんですよ」

マナーは心の問題です。心がとっても大事です。
学生の皆さんにね、「いいマナーの心持ってるよ」って、いつも言うんです。

「あなたのそのやさしい心、友達思いの心、友達が泣いてたらね、一緒に泣いてあげる、それ素晴らしいマナーの心だからね、十分持ってるのよ。

ところが、それが社会に通用するようにならないとダメなのよ。

マナーは心なんだけれど、ちゃんと相手に通用する形で表現して、初めて活きてくるし、あなたが救われる、幸せになれるのよ」とお伝えしているのです。

相手に通用する形

それが何かというと、言葉であり、表情であり、態度です。

私の授業では絶えず訓練です。
座るときに絶えず「失礼いたします」と言ってから座る。
授業の最初には「よろしくお願いいたします」と30度のお辞儀、
それから「どうぞおかけください」と私が言ってから座る。

最初は勝手に座りますから、
「立ってる私がいるのに何であなた方堂々と座ってるの?
『どうぞ』と言われてから座るべきでしょ」と言って座わらせない。

そして、「失礼いたします」と言って
「はいどうぞ」という感じで座らせてますから、
毎回それやっていると身についてくる、無意識のうちにできるようになるんです。

すると精神も育ち、やはりまわりを敬う心もできてくるんですよね。

最初は照れくさがっていた学生も、
「社会ではこうすべきだ」「こうしなきゃいけないんだ」「これがちゃんとお客様や目上の方に対する態度なんだ」ということをだんだんと理解していってくれます。

そこで、保護者様でいらっしゃる皆様方にお願いがあります。
当然、私が今申し上げたようなことをしてくださいとは申し上げません。

「挨拶ちゃんとしなさいよ」とか「ちゃんと目上の方には言葉遣いも気をつけなさいよ」なんて皆さんが言ったら絶対照れて「なんや、うっとうしい」「何言ってんねん」みたいな感じになりますし、親子の甘えもありますので、ですからそういう意味ではなかなか、聞いてもらえないのではないかと思います。

ですから、皆様方には、まず、皆様方から挨拶上手になっていただきたいのです。

やはり社会人になってちゃんと挨拶ができる、先程のように無意識のうちに
「失礼いたします」や「こんにちは」が出るのは身につかないとダメですよね。
それはやはり家庭からだと思います。

例えば、「行ってらっしゃい」や「お帰り」

「あなた、ちゃんとあいさつで『行ってきます』って言いなさい」
と言ってもダメです。
聞かない。

そうではなくて、見返りを望まないつもりで、ね。

見返りを望むと
「もうあなた、ちゃんと、わたしが『行ってらっしゃい』
って言ってるのに『行ってきます』ぐらい言いなさいよ!」
になってしまいますから。

そうなると、揉め事の原因になります。

とりあえず皆様方から、見返りを求めない。

基本的にあいさつはそういうものなのですよ。

「わたしがあなたに気をつけて行っといでね」って伝えたいから言うのです。
「ありがとう」って、そんな見返りを期待してるのではないですよね。

ですからとにかく、「気をつけてね、行ってらっしゃい!」
帰ってきたら、「ただいま」を言わなくても「お帰り」と言う。

その「お帰り」と言った時も顔を見ていただきたい。

表情を見る。

「あ、今日ちょっとしんどそうだな」
と思えばプラスアルファーの言葉をかける。

「どしたん、ちょっとしんどいの?」「なんかあった?」と聞くだけ。

そしたら「もう、いいねん、うざいわー」なんて言うかもしれない。

でも学生は、「どうせお母さんやお父さんに言ってもわからへんねん」みたいな気持ちもあったり、「格好悪いし、言わないほうがいいし、心配かけないほうがいいし」と、色々な、とてもやさしい心で思っています。

ですからそれを、「もう、わたしがちゃんと聞いてるのに答えない」と言うのではなくて、とにかく皆様は見返りを望まないで、どんどんどんどん皆様からあいさつ上手になっていく。

そうすると、これは以前あった話ですが、最初は照れくさいから黙って「んん~」と言ってた子が、だんだんだんだん、「うぇってきまーす」と独り言みたいなこと言い出して。
そしてもっと慣れてくると「行ってきまーす」と元気よくなったと。

成功、大成功ですよ。

これが社会人に一歩近づく方法だと思います。

社会人になってからもそうですが、
コミュニケーション能力を付けるためには何かというと、
一番の原点はあいさつなのです。

まずは自分から良い挨拶ができる。

「こんにちはー!」「おはようございます!」と挨拶する。
誰に?あなたに!

これはとても重要なことです。
人間はみんな自己重要感というものを持ってます。

「わたし、ここにいるのよ。認めてよ」って思ってますよね。
それを認めること「あなたの存在」

まして笑顔で「こんにちは」と言えば、
「あっ、私に好感をもって心を開いてくださってるんだ」って思う。
喜ばない人はいませんよ。

そうしたら、「あ、おはよう」「こんにちは」「今日もよろしくね」
ってまた返ってきたりするでしょ。
心をお互い開いて、これがコミュニケーションのきっかけです。

そうすると、社会に出てからでも、コミュニケーション上手になっていける。
やはりポイントは、ここが一番大切なトコです。

これを是非、保護者の皆様方にも、お願いしたい。是非是非ね。

本人を動かすというのはなかなか子どもでもできないんです。
わたくしも長年やってるからよーくわかるんです。
言ったって余計聞きません、反発するだけ。

でも、自分が変われば相手は動くのです、おもしろいですよ。

ここなんです、マナーの真髄は。
そしてその努力は全部、自分に戻ってきますからね。

それでは、挨拶上手になるポイントを申し上げましょう。

ひとつめは、できるだけ名前を呼んでください
もちろん、その状況にもよりますが、呼べるときは
「あ、鈴木さん、おはようございます」
「あ、斉藤さん、こんにちは、お世話になってます」

私も「田野さん、おはよう」って言われたら、とてもうれしいですよ。
しかも、田野はここには私しかいませんし、
「私の存在を認めてくださっているんだ!」と思うんです。

反対に無視されるほど悲しいものはないですね。
ですから、ぜひぜひ皆様方もまず、
名前をできるだけ呼ぶ癖をつけていただきたい。

それから、ふたつめはプラスのひと言をつける
ただしこのプラスのひと言にはマイナスの言葉は言わないでください。

「田野さん、今日顔色悪いけど、どっか悪い?」
と言われたら、元気な私でも、ちょっと病気になりそうです。
「ひゃー、わたし元気やのに、なんか顔色悪いんやて」と思ってね。
ですから、マイナス言葉は言わないこと。

それから、もう一つのプラスは、
「おはよう」だけではなくて、もうひと言添えて欲しいプラスです。
ただ単に「おはよう」って、それも顔も見ないで、これでは社交辞令。
これだったら意味ないです。

そうではなくて、しっかりお顔を見て笑顔で!

「おはようございます。○○さん」
そしてひと言、「今日も良いお天気ね」だけでも良いのです。
ちょっとしたことですが、プラスの言葉をつけるだけで、
どれだけ人間関係が豊になっていくかということですね。

それから3つめは
「行動に言葉を 言葉に行動を」

行動に言葉を添える、いわゆる動いた時に言葉を添える。

そして、その言葉が出た時に、そのふさわしい行動は何かと考えていただく。

これも頭にインプットしていただいて、日常気遣っていただくと良いかなと思います。

例えば、通路があって、人がいらっしゃる、目上の方がいらっしゃって、細い通路です。
どうしてもそこを通らなければいけなかったら、黙って通ったら失礼です。
そんな時は「前を失礼いたします」とちょっと声をかけると良いですよね。

その声をかける時、その「前を失礼します」と言う時に、
どのような動きをしたらいいのだろうと考えていただく。

いくら大事な大事なお客さまであっても、
「前を失礼いたします」と深々とお辞儀をしていたら、
「邪魔やから、はよ通ってちょうだい」と言われますよね。

ですから、そういう時のふさわしい行動としては、
軽い会釈で、「前を失礼いたします」と速やかに通って、
前を通るとき、ちょっと、小腰かがめるとか、
何かふさわしい行動をしていただくということがいいのではないかと思いますね。

ですから、そういうふうに絶えず思ってやっていると
行動に言葉を、これで挨拶言葉が豊かになり、数多く言えるようになります。

先ほど申し上げたように、努力は全部、自分に戻ってくるんですよね。

親の背中を見て子どもたちは育つといいます。

皆さんのお子さんですから、立派な方ばかりだと思います。
でも、より立派になるためには、
社会人としてのマナーの形や表現方法を、まだまだご存じないです。

ですからちゃんとそれを
「相手に伝わる形にね、身に付けていかなあかんよ。あんたが損するよ。」
ということで、
やはり親御さんが見せてあげるということがとても大事だと思います。
ぜひぜひ、皆さんのほうでお気をつけいただきたいと思います。


トータルマナー株式会社では、ご依頼により、
ご希望のテーマで講演研修も可能です。
お気軽にお問い合わせください。

トータルマナー株式会社資料請求・お問い合わせ

カテゴリー: 学生マナー教育 | タグ: , , , , , , , , | コメントをどうぞ

関西テレビ「ゆうがたLIVEワンダー」に出演【食事のマナー】


関西テレビ「ゆうがたLIVEワンダー」に出演

平成28年1月5日(火)
昨年、11月に引き続き、関西テレビ「ゆうがたLIVEワンダー」に、
トータルマナー株式会社代表 関西作法会会長 田野直美がテレビ生出演いたしました。

今回のテーマは食事のマナーです。
年末年始、家族での会食や友人、仕事仲間との忘年会に新年会など、
何かと外食の多かったこの時期に、皆さんは正しいマナーで食事できていましたか?

食事のマナー

まずは、VTRが流れました。

正しいことなのか自信はないが、多くの人が、
ついついやってしまいがちという逆さ箸

逆さ箸

さて、この行動は正しいマナー?

この質問に田野の答えは

「これはとても良くないことです。
かえって手の持つ方が不衛生ですので。
直箸もあまり良くないですから、お店の方におっしゃって
取り分け箸をおもらいになるといいですね。」

その後、会食の様子が流れ、そのシチュエーションの中に
いくつマナー違反があるかというクイズがありました。

マナーの間違いは何個あるでしょう

ピックアップされた選択肢は次の4つ。

マナーの間違いはどれ?

①(互いの)グラスを当てて乾杯
②手を添えて食べる(手で受けて食べるいわゆる「手皿」)
③箸袋で箸置きを作る
④(食後お椀の)フタを反対に戻す

さて、この中にマナー違反はいくつあるでしょう?

実は③以外はすべてマナー違反です。

①は良く見かける光景です。

グラスを当てて乾杯する

気の許す者同士であれば、盛り上がるし良いですが、
グラスが割れるということもありますから、
正式な場所では目の高さに上げて乾杯するというのが正しいマナーです。

乾杯は目の高さにグラスを上げる

②は多くの人が勘違いしていて、一見行儀が良さそうですが・・・。

手皿

手に物が落ちた時、それをまた食べるという動作もちょっと困りもの。
まわりにある小さな器や、お椀のフタなどで受けると良いでしょう。

小皿やお椀のフタで受ける

④の食べ終わった後のお椀のフタをどうすれば良いのか?
というのは町の方の疑問でも多かったようです。

もちろん、フタをひっくり返して戻すのは
大切な器に傷が付く可能性もあり、間違いです。

お椀のフタを反対に戻すのはマナー違反

正しくは少し斜めにしてフタをします。

食べ終えた後のお椀のフタは少し斜めにしてフタをする

食べ終えた後も美しいほうが良いので、
お椀だけでなく、全てフタは元にを戻します。
元通りきっちりフタをすると、
食べたかどうかわからないので少し斜めにしておくと良いです。

お椀以外のフタも少しずらして戻すことで食べ終えた合図になります。

食べ終わったらお椀以外のフタも少しずらして戻しておくと食べ終えた合図になる

③の箸袋で箸置きを作ることはマナー違反ではありません。
取り皿の上にお箸を置く方が行儀が悪いです。

箸置きが無い時、箸袋で箸置きを作るのはマナー違反ではない


さて、ここからはゲストの織田信成さんが抱く
食事のマナーに関する疑問に田野が答えました。

ひとつめは、
食事の終盤で、大皿料理に一つだけ残った、
いわゆる「遠慮のかたまり」といわれるもの。

遠慮のかたまり

織田さんは、それを「誰が食べるのか?」という空気が嫌なので、

「遠慮のかたまり、いただきまーす!」

と宣言した後、率先して食べるようにしているのだそうですが、
この行動はどうなのでしょう?

田野の答えは、
中にはまだ食べていない方もいらっしゃるかもしれないので、
その確認をせずに食べてしまうのはマナー違反です。
全員の方に「いいですか?」と一声かけてからいただきましょう。

ちなみに、織田さんはしっかりと皆さんにお声がけしてから召し上がっているそうです。

ふたつめは、
食べ終わった後、いつもお箸を箸袋にもどしているのですが、
この行動は正しいのでしょうか?

食後に箸を箸袋にそのまま戻すのはマナー違反?

田野の答えは
箸袋にキレイに戻してしまうと、
お店の方が未使用の物と間違ってしまうことがあるのでやめましょう。
また、そのまま置いておくと箸先が汚れているので見苦しいです。

そこで、文結びが紹介されました。

文結び
箸袋をV字に折り、お箸を入れる入口側を残して片方だけを結んでできあがり。
食事中は裏向きに箸置きとして使い、食べた後は表を向けて箸を入れ、
スマートに箸先を隠します。

文結びで箸先を隠す

また、箸袋に戻す場合は、3分の1ほど箸先を入れて折り返しておくと、
食べ終わった合図にもなります。

食べ終わったら箸先の3分の1を箸袋に入れて折り返すと食べ終わった合図

その他、町の人に伺って出てきた疑問として次の3つがありましたが・・・。

やりがちだけど大間違いあなたは大丈夫食事のマナー

①まだ残っているグラスにお酒をつぎ足す。
②お刺身を食べるときしょうゆにわさびを溶かす。
③食べ終わったお皿を重ねる。

これらはすべてマナー違反です。

①まだ残っているグラスにお酒をつぎ足す。

まだ残っているグラスにお酒をつぎ足すのはマナー違反?
これは、お酒にもよりますが、ビールの場合は
全部あけてからつぎ足したほうがおいしいと言われています。

ですので、ひと声かけて「お注ぎしましょうか?」
とか「注がせていただいていいですか」と言うと、
こだわる方は一気に飲んでしまって出されますし、
気になさらない方は、入っていても出されます。

その都合に合わせてお注ぎになるといいかと思います。

②お刺身を食べるとき醤油にわさびを溶かす

醤油にわさびを溶かすのはマナー違反?
こちらにも理由があります。
ひとつはわさびを醤油に溶いてしまうと
濁ってしまい見た目が良くないということと、
わさび自身の風味が失われるということがあります。
ですので、わさびはお刺身に少しづつ乗せて醤油につけると良いとされています。

③食べ終わったお皿を重ねる

食べ終わったお皿を重ねるのはマナー違反?
お店によっては高価な食器もあります。
重ねてしまうと傷がついてしまう場合もあります。

特に塗りの物はこすったりすると傷つきやすいので、
そういったものはお店の方にお任せすると良いでしょう。

最後はゲストの方それぞれの疑問に田野が答えました。

悩める食事のマナーを解説
皆さん、それぞれに今まで疑問に思われていたことを確認できたご様子でした。

「ゆうがたLIVEワンダー」出演者、スタッフの皆様、今回もお世話になりました。
ありがとうございました。

 

カテゴリー: メディア出演, 食事のマナー | タグ: , , , , , , , | コメントをどうぞ

関西テレビ「ゆうがたLIVEワンダー」に出演


関西テレビ「ゆうがたLIVEワンダー」に出演

平成27年11月24日(火)
関西テレビ「ゆうがたLIVEワンダー」の「イマ知り!」のコーナーに、
トータルマナー株式会社 関西作法会会長 田野直美がテレビ出演いたしました。

講師歴37年マナーの達人関西作法会会長田野直美

内容はこの時期になるとそろそろ準備しなくてはと思い始める
「年賀状のマナー」についてです。

今さら聞けない!年賀状のマナー

まずは、街頭で聞いたお悩みをもとに作成された問題が出題されました。

どのような問題かというと・・・。

1.年賀状の返信はいつまでに出せばいいの?

年賀状の返信はいつまでに出せばいいの

2.目上の人に送る年賀状の正しいお正月用語は?
  A.謹賀新年
  B.迎春

目上の人に送る年賀状の正しいお正月用語は

3.子どもや家族写真の年賀状を出しても良いのは?
  A.親族・友人まで
   B.親しければ仕事先の人でもかまわない

子どもや家族写真の年賀状を出しても良いのは

4.「今年で年賀状をやめます」という相手に来年の年賀状は出さない方が良い?
  A.目上の人には出したほうが良い
  B.出さない方が良い

今年で年賀状をやめますという相手に来年の年賀状は出さない方が良い?

さて、皆さんはお分かりになりましたか?
それぞれの答えは・・・

年賀状のマナークイズ答え

1.年賀状の返信はいつまでに出せばいいの?
答えは・・・

1月15日まで(関西以外は1月7日まで)

年賀用を出しても良い時期は地域によって異なる
関西は1月15日、関東は1月7日までを松の内と考えているので地域により異なります。
松の内を過ぎた場合は寒中見舞いを立春の2月4日までに出すのがマナーです。

2.目上の人に送るお正月用語は?
答えは・・・

A.謹賀新年
謹賀新年の使い方
「謹賀新年」は「謹んでお祝いを申し上げます」
という意味があり、相手に対しての敬意や敬う気持ちが入っています。

Bの「迎春」、また「賀正」は相手への敬意を省略したお祝いの言葉
なので目上の方に送ると失礼になります。

3.子どもや家族写真送っていいのは?
答えは・・・

A.親戚・友人まで
たとえ親しくても写真の年賀状を会社の人に出すのはタブーです。
それは、家庭をビジネスに持ち込むということにもなりますし、
いただいた方も処理に困ってしまうということもあります。
ですから気をつけたほうが良いですね。

4.「年賀状やめます」と来た人に出してもよい?
答えは・・・

B.出さない方がよい
年賀状辞退の連絡があった場合
こちらが年賀状を出してしまうと相手様がかえって気を遣ってしまいます。
日頃お世話になっていたり、目上の方であっても出さない方が良いです。

その他に、ゲストの萩谷さんと藤本さんのお悩みに田野が答えました。

萩谷さんのお悩み
Q.年末忙しくて何年か年賀状を全く出さなかったのですが、
その後、出したり出さなかったりを繰り返しています。
かえって失礼ですか?

年賀状に関してのお悩み1

A.失礼です。
これは出さないことが失礼、出したり出さなかったりが失礼というのではなく、
相手から頂いた年賀状にお返事をしないということが失礼ということです。
「おめでとうございます」と挨拶されて知らん振りしていることと同じということになります。
ですのでお返事は出していただきたいですね。

藤本景子さんのお悩み
Q.宛名を夫婦連名で書く時に「様」はどうしたらいいの?
1人づつ「様」をつけるのか?家族の名前まとめて「様」を大き目の1個でいいのか?

年賀状連名の場合の様

A.両方に「様」をつけてください。
年賀状連名の場合様は両方につける

今回は短い時間に盛りだくさんの内容でした。

「ゆうがたLIVEワンダー」出演者、スタッフの皆様、ありがとうございました。

ゆうがたLIVEワンダー収録風景

今回の年賀状のマナーに関する内容をQ&A形式でまとめてみました。
よろしければ、こちらもご覧になってみてください。

関西作法会通信
年賀状のマナー

カテゴリー: メディア出演 | タグ: , , , , , , | コメントをどうぞ

お念珠の知識・扱い方


お念珠の知識・扱い方

H27年9月23日(水)24日(木)
講師:トータルマナー株式会社 代表取締役 田野直美

淡路島で宝飾品を専門に扱う、カマモト様では、
お取り扱い商品に「珊瑚のお念珠」がおありで、
そちらをお買い求めになったお客さまへのフォローと、
日頃お世話になっている顧客サービスの一環として、
当社にマナー講座のご依頼をいただきました。

念珠の知識扱い方マナー講座

「お念珠(ねんじゅ)」とは「数珠(じゅず)」とも言い、
こちらの呼び方が一般的かもしれませんが同じものです。

お念珠の発祥はもともとインドで、木草の実をつなぎ合わせ、
そろばんのように何度お念仏を唱えたか記憶するためのお道具だったとされています。

ただし、いつごろからというのは定かではないそうです。
お釈迦様が誕生する以前からすでに礼拝の道具として使われていたそうです。

日本への普及は仏教とともに伝えられました。

最初はお坊さんだけがお念仏の数を読むために使っていましたが、
鎌倉時代以降にはお念珠に手を通すことによって仏様とつながる、
会話ができるということで一般にも使われるようになったようです。

また、お念珠には「本式念珠」と「略式念珠」があり、
その違いや扱い方などもお伝えしました。

念珠の知識扱い方マナー講座の様子

その他に、良くある質問として
『念珠って本当に必要なんでしょうか?』
と聞かれることがあるのですが皆さんはいかがですか?」
と伺いますと、その場にいた皆さんは「うふふ」とお笑いになりました。

これは若い方から多く聞かれるのですよ、と申しますと、「ふーむ」と神妙なお顔です。

「お念珠」は、昔は嫁入り道具の一つでしたし、地方によっては結納についてきます。
(近頃は結納すらなくなってきていますが・・・。)

ですから、日本の仏教徒なら必須アイテムです。
お葬式には必ず必要ですし、慶弔どちらにも使えます。

例えば、仏前結婚などでは必要となります。
また、お嫁に行く時には必ず持っていって、
まず嫁ぎ先のご仏壇にごあいさつするときに必要です。

ただし、神式やキリスト教式のお葬式にはお持ちにならなくて結構です。

このようにお念珠の知識・扱い方についてのお話を中心にしましたが、
実際に使う場面が多いのは弔問の時ですので、弔問時のマナーも一緒にお伝えしました。

60分という短い時間でしたが、ぎゅっと凝縮した内容をお伝えし、
皆様の疑問にお答えでき、私も楽しい一時を過ごすことができました。

カマモト様、ご参加の皆様ありがとうございました。
(田野 直美 記)

【今回のカリキュラム】

1. マナーの必要性・重要性
2.お念珠(数珠)の知識
3. お念珠の扱い方(実技)
4.弔問でのお参りの仕方

トータルマナー株式会社では、業種、業態に合わせて、
ご要望に応じてカリキュラムを作成することが可能です。
お気軽にお問い合わせください。

トータルマナー株式会社資料請求・お問い合わせ

 

カテゴリー: 一般マナー講座 | タグ: , , , , , , , , | コメントをどうぞ

宴席でのコミュニケーション術


宴席でのコミュニケーション術

H27年9月9日(水)
講師:トータルマナー株式会社 代表取締役 田野直美

大津商工会議所青年部様のご依頼により、
「マナーを学べば商いがうまくいく!~宴席でのコミュニケーション術~」と題し、
“円滑なコミュニケーションのための好感度の高い会話術”“宴席での和食のマナー”の講座を行いました。

宴席でのコミュニケーション術1

大津商工会議所青年部様は、若手経営者・経営に順ずる立場の従業員の、
非常に勢いのある30代前後の方々で、45名の方にご参加いただきました。

45分の講義の後、懇親会を兼ねた宴席にて、
実際に和食のお料理を食しながらの実技と質疑応答を行いました。

宴席でのコミュニケーション術5

宴席でのコミュニケーション術という内容でしたが、
やはり重要なのはマナーです。

マナーとは心。

人様へ敬意、思いやり、気働き、そういう心は誰しもが持っています。
でも、その心がちゃんと相手に伝わっているか?ということです。

今回は経営者や経営者に順ずる立場の方々ということで、

社員様とうまくコミュニケーションが取れていますか?
皆さんの理念、会社の目標が社員様に浸透していますか?
お客様にそれが伝わっていますか?

ということを問いかけてみました。

思いはあってもそれがきちんと相手に伝わっていなければ、
これはマナーの法則でいうと「」どころか「マイナス」になってしまいます。

マナー(心)は形に表わしてこそ相手に伝わる。
そして、その形は相手に合わせるということが大事です。

そういったことを最初にお伝えしました。

「マナーを学べば商いがうまくいく!」

まさにそうなんです。

会話術の話では、話し方のポイントの中に、
日頃から美しい言葉遣いをするということがあります。

でもそう言いますと、
「うちは商売柄、そんなバカ丁寧にしてたらかえってお客さんと壁ができるんや」
「違和感があるんや」などとおっしゃる方もいらっしゃいます。

そこで申し上げたいのは、
お客様と接する時の接遇用語の基本を分かった上で、崩してくださいということです。

そうするには、やはり
基本となる敬語(尊敬語と謙譲語)はしっかり使うということです。

また、お互いにコミュニケーションを取ったり、好感を得るには、
クッション言葉婉曲表現というものがあります。

特にお客様に対して「~してください」という言葉は、
サービス業では有名ですが、命令していることだと言われています。

「~してください」は「~しなさい」と同じです。

ではどうすれば良いでしょうか?

まずクッション言葉を頭につける

「恐れ入りますが」
「申し訳ございませんが」
「お手数ですが」
この言葉をつけるだけでとても柔らかくなります。

そして語尾を
「~いただけますでしょうか」
「いただけませんでしょうか」という依頼の形にする。

これが婉曲表現です。

これは職場内でも是非お使いいただきたいです。

例えば、社長様が部下に
「おい、コピー取っとけよ」と言うより
「悪いけどな、コピー取っといてくれるか」というと印象が全く変わります。

コミュニケーションを取るのに、ちょっとした言葉遣いで丸くもなれば角も立つ。
本当にちょっとしたことです。

と、このような内容で一部が終了しました。

二部では、お待ちかねのお料理を前に
和食の種類から、 食べる順序と食べ方、
箸使いのタブーや食べにくい料理の食べ方などを一気にご説明しました。

そして、乾杯のあと、ご一緒に箸使いの実技を行い、やっとお食事です。

今回は、私の手元をビデオで撮影しながら、
それを同時にプロジェクターへ映しながら実技を行っていただきました。

宴席でのコミュニケーション術2

後は、お食事をしながらの質疑応答です。

その時のご質問をいくつかご紹介いたします。

◆『料理の上に紅葉がデコレイトされているが、
こういうものは食べる前にどうすればよいのですか?』

お料理には三つの“き”があります。

器の「器(き)」特に和食というのは器を楽しみます。
季節の「季(き)」こちらも特に和食は季節を取り入れていますよね。
そしてもてなす気持ちの「気(き)」

この三つを大事にすると言われています。
ですので、その心を大切にしていただきたいです。

宴席でのコミュニケーション術料理

邪魔になるようでしたら、少しよけながら、召し上がっていただいて、
一応最後までちゃんとお皿の上に置いておいていただけたら良いと思います。

邪魔だから最初からバンとお皿から外してしまって、
他の皿に無造作に置いたりなさる方もいらっしゃいますが、それは少し残念ですね。


◆『八寸の中にパラパラ落ちるような揚げ物のようなものがあります。
こういうものはどうしても食べる時に散らばってしまうのですが、
きれいに食べるにはどうしたら良いのでしょうか?

本来であれば一粒残らず食べるほうが良いと思うのですが、
どのように処理をすればいいのでしょうか?』

まず、口元へ持ってくるまでにパラパラするようであれば、
何か手に持ってもよい器があれば、そのお皿で受けながら口元へ運びます。

まだそういった器が出されてなければ、
ティッシュか、お持ちであれば懐紙で召し上がっていただけると良いです。

懐紙
※懐紙・・・懐に入れて携帯するための小ぶりで二つ折りの和紙

よく見受けられる手で受けて食べるのは
手皿と言ってタブーですのでお気をつけいただきたいですね。。

器に残ったパラパラまでは召し上がらないでください。


◆『私は食べた後の食器などを片付けやすいようにするのですが、
これはマナー違反になるのでしょうか?』

とても几帳面な方ですね。ですが、タブーです。

なぜならば、お店で出されているのは立派な器です。
陶磁器や特に塗り物などは絶対重ねてはいけないのです。

ですから高級な料亭では下げるときも絶対に重ねません。
重ねるのはタブーだと思ってください。

でも、お気持ちはわかります。
居酒屋さんであれば店員さんがみんな重ねて持って行きますよね。
そういうことが分かっていれば重ねていただいていいですよ。


その他にもたくさんの質問にお応えしながらのお食事で、
皆さんに喜んでいただけたようでした。

大津商工会議所青年部の皆様、ありがとうございました。

(田野 直美 記)

【今回のカリキュラム】

1. マナーとは ・マナーの必要性・重要性
2.円滑なコミュニケーションのための
好感度の高い会話術
・婉曲表現・肯定表現
・心を言葉で表す
3. 宴席での和食のマナー ・食べる順序と食べ方
・会食中のマナー
4.実践講習 ~懇親会でのマナー~  実技と質疑応答

トータルマナー株式会社では、業種、業態に合わせて、
ご要望に応じてカリキュラムを作成することが可能です。
お気軽にお問い合わせください。

トータルマナー株式会社資料請求・お問い合わせ

カテゴリー: 和食のマナー講座 | タグ: , , , , , , , , | コメントをどうぞ
  • マイベストプロ神戸掲載中