神戸市 ボウリング場スタッフ研修


神戸市 ボウリング場スタッフ研修神戸市 ボウリング場スタッフ研修

H26年11月11日(火)
講師:トータルマナー株式会社 代表取締役 田野直美
アシスタント講師:トータルマナー株式会社 伏見眞由美

8月から始まったサービス接遇研修(全5回)の最終回で、総仕上げの実技チェックが現場(営業中のボウリングフロアー)で行われました。

ボウリング場でのサービス接遇研修

業務中の研修アシスタントを務めるのは初めてで、お客様への配慮や、現場の緊張感ある雰囲気が印象的でした。

受講生の皆様は、ご自身の問題点を克服すべく、大変意欲的に研修に取り組んでいらっしゃいました。

一生懸命研修に取り組んでいらっしゃるからこそ、様々な質問が生まれ、思い違いをしていた応対の仕方にもお気付きになったようで、十分ご理解いただいた上で納得して身に付けていかれる姿勢が非常に印象に残りました。

ビデオカメラで皆様の接遇の様子を撮影すると、お伝えしてきた事が即実践に活かされ、どんどん変化されていくご様子に「研修の必要性」と「定期的な研修の大切さ」を改めて感じました。

これまで研修に参加された皆様が「習った事を仕事の中で生かしていきたい。」「少しでも理想に近づこう。」という意識や意欲を持っていただけるように、講師は全てに目を走らせ、的確に指導することが受講者の信頼とやる気に繋がるのだと私自身とても勉強させていただきました。
(伏見眞由美 記)

【受講者のコメント】 一部抜粋

◆ 自分の接客を行う姿勢をビデオで客観的に見ることにより、お客様からどのように映っており、どこを直す必要があるかが明確になった。常に客観的な視点を大切にしていきたい。

◆ 以前にも接客のアルバイトをしていましたが、マナー研修を受けたのは初めてでした。
ビデオで自分の接客を見た時、癖や言葉遣いがよく分かりました。その中でも「お客様の誘導の仕方」はとても勉強になりました。後ろを歩いているお客様を視界に入れながら前を歩くと言うことはとても難しかったです。色々なことに気付かせていただき、大変勉強になりました。

◆ 実際にカウンターでの自分がどれだけ笑顔ができていないかが分かりました。「いらっしゃいませ」の挨拶のあと笑顔がなくなっていたので、笑顔を継続させることがとても大切だと分かりました。

カテゴリー: サービス接遇研修, ボウリング場社員研修   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。