SA・PAほめられご当地みやげ


SA・PAほめられご当地みやげ

「関西・中国・四国じゃらん」12/1発売号にて特集の
「SA・PAほめられご当地みやげ」の取材を受けました。

ほめられご当地みやげ

最近の高速道路のサービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)などでは、
包装がしっかり装丁されていたり、上品なデザインだったりと、
単なる旅土産ではなく、お正月の帰省時の手土産として
使えそうなものが数多く販売されています。

「いつもと少し違う手土産を買いたい」
「年末で忙しく、事前購入ができなかった」
という場合はこうしたSA・PAでの手土産購入も良いのではないか?

とうことで、「贈り物の専門家」としての立場から
・手土産選びのポイント
・各商品のほめられポイント
・商品ごとの適した贈り先
などをお答えいたしました。

贈り物の専門家

取材では各地のSA・PAから実際に商品を取り寄せ、
パッケージや手に取った際の印象を確認し、実際に食べてみました。

掲載誌では、商品ごとに「お手軽」「フォーマル」「どちらにも対応」と
マーク表記しオススメの手土産が紹介されています。

おススメ度

「お手軽」・・・家族、友人、気心の知れた間柄向け
「フォーマル」・・・義実家、親戚など、誠意を伝えたい相手に

ほめられ手土産少しフォーマル

この冬、SA・PAで手土産を購入してみたいと思われた方は、
是非、掲載誌をチェックしてみてください。

関西・中国・四国じゃらん2018年1月号

じゃらん2018年1月号

下記サイトより、購入もできるようです。
https://www.jalan.net/jalan/doc/top/honsi/honsi_kansai_chushi_1712.html

掲載誌には各地の美味しそうなお菓子がたくさん載っていますが、
このブログではせっかくですので、
紙面には詳しく載せられなかったことについて書いてみます。

SA・PAで少し改まった手土産をと思って購入する場合、
単なる旅土産にならないように気をつける必要があります。

手土産を購入する際、理想は地元です。

SA・PAで購入するなら、
自宅から訪問先の間で自宅に近い側のエリアで購入が良いですね。
あまり、遠方や全く縁のない土地のものでは、旅行のお土産と受け取られかねません。

また、包装やパッケージも重要です。
やはり高級感は大切。

高級感のある箱

特にすこしご年配の方へ差し上げるのであれば、気になさる方も多くいらっしゃいます。
実際は高級なものであったとしても、お安いものなのかな?と思われてしまうことも。
あまりカジュアルなパッケージのものだとこれも旅行のお土産と勘違いされてしまいます。

そういうことを考えると、やはり改まったものとして贈るなら
「のし紙」はかけたほうが良いですね。
「のし紙」の意味は改まって差し上げますということ。
それによって「手軽に手土産」というものではなくなります。

ただ、SA・PAではのし紙をかけてくれるかどうかわからないので、
ご自宅からのし紙を準備して購入してから外のしとしてかけても良いでしょう。

その場合に気になるのが上書き
お正月の帰省であれば、年末に帰る場合でも
「お年賀」もしくは「新年のご挨拶」でも良いです。

新年のご挨拶ののし紙

 

それからもう一点、今回お味見をさせていただいた中で、
見た目の印象と中身の印象が違うものも結構ありました。

失敗を避けるなら、お味見はしておいたほうが良いですね。

あとは手土産を渡す時の口上も大切です。

口上というと堅苦しいですが、手土産も贈り物。
品物だけれども心を伝えるものだから、気持ちを添えていただきたいものです。

ですから手土産を渡す際には必ず何か一言添えて欲しい。
どうしてこれを買ってきたのかを伝えるだけでも良いのです。

例えば「珍しいものなんですよ」とか
「人気があるものなので御一緒にいただきたいと思って買ってきました」など。

いくら地元で「珍しい」「有名」「美味しい」と言われていても
相手がそのことを知らなければ価値も半減ですから。

また、相手の好みが分かっていれば
「お好きだからこれ買ってきました」というのも良いです。
相手の好みにマッチしているというのは重要。

でも、どうしても嗜好が分からない場合は、
まず、自分の好きなものを選ぶのも良いのです。
「実は私が好きなものなんです。お口に合うかどうかわかりませんが・・・」
と差し上げる

そうすると、適当に選んだものではないということが伝わります。

手土産は心を伝えるもの。
精一杯あなたのために選んできました
という気持ちを込めて選んで贈っていただきたいものです。
(田野 直美 記)

カテゴリー: メディア出演 | タグ: , , , , , , , , | コメントをどうぞ

デイサービスセンター様 接遇マナー研修


H29年10月27日(金)
講師:トータルマナー株式会社 代表取締役 田野 直美
アシスタント講師:トータルマナー株式会社 萬 智子

宝塚市内にあるデイサービスセンター様からご依頼の接遇マナー研修に、
アシスタントとして同行しました。

デイサービスイメージ

この日は、業務終了後の貴重な夜の時間帯にもかかわらず、
職員と関係事業所の方々含み約30名のご受講でした。

受講生は新人の方もいらっしゃるとのことでしたが、
どちらかというと中堅、ベテランの雰囲気をかもし出す方々でした。

最初の「福祉サービスの心構え」の話では、
「マナーの必要性・重要性」に加え、
現代特に重要となってきている
「個人情報保護の重要性」などについても触れました。

福祉業務に携わる皆様は、笑顔がとても素敵な方が多いのですが、
お辞儀となると日頃の業務に忙殺されお辞儀することが忘れがちになり、
お辞儀の意味する「敬意の心」を表現できていない方が多くいらっしゃいます。

ですが、こちらの皆様は美しいお辞儀が身についている方が多かったです。

また、講師の話にはうなずきながら聞く方も多く、
これまでの皆様のご経験と照らし合わせて
実際の業務に活かそうという姿勢が垣間見られました。

こちらのデイサービスセンター様ではこれまで、
改めて接遇マナーの研修をなさったことはなかったそうで、
今回は初めての試みとのことでした。

研修終了後、施設長様から、

会社員時代に受けたマナー研修を思い出し、身に付いていないことを痛感した。
やはり継続が大切。
他の職員にとっても新鮮だったと思います。

という旨のご感想をいただきました。
(萬 智子記)

【今回のカリキュラム】

1.福祉サービスの心構え ・マナーの必要性・重要性
・プロとしての意識
2.温かい心の投げかけ
~笑顔とあいさつのマナー~
・笑顔とあいさつの重要性
・スマイルエクササイズ
3. 敬意の心を伝える
~おじぎのマナー~
・お辞儀の使い分け(3種)
・お辞儀の実技
4. 好感度の高い話し方
~敬語のマナー~
・敬語の基本
・立場に応じた使い分け
・職員同士の言葉づかい

トータルマナー株式会社では、業種、業態に合わせて、
ご要望に応じてカリキュラムを作成することが可能です。
お気軽にお問い合わせください。

トータルマナー株式会社資料請求・お問い合わせ

カテゴリー: 接遇マナー研修, 未分類, 福祉職員研修 | タグ: , , , | コメントをどうぞ

園長としての接遇マナー講演会


園長としての接遇マナー講演会

平成29年5月11日(木)
兵庫県保育協会淡路支部様
講師:トータルマナー株式会社 代表取締役 田野直美
アシスタント講師:トータルマナー株式会社 伏見眞由美

兵庫県保育協会 淡路支部 支部長様のご依頼で、
「園長としての接遇マナー」の講演会が
淡路市の『しづのおだまき館』で行われました。

園長としての接遇マナー

今年は新旧園長様の交代が多いそうで、
淡路支部の保育所所長、保育園園長の皆様、50名の方がお集まりでした。

代議員総会の後の講演会との事でしたが、
皆さまお疲れのご様子もなく、
明るい笑顔で積極的にご参加くださり、とても楽しい講演会でした。

テーマは子ども育成のプロとして「マナーの重要性」の話から始まり、
「所長、園長として」保護者様やスタッフへの働きかけの仕方とコツ、
あいさつや言葉づかい・クレームなどについてでした。

講師の田野より
「マナーは『心』。皆さんはすでに、お持ちでいらっしゃいますが、
それがいつでも、どんな時でもきちんと表現できていらっしゃいますか?
『言葉』だけになっていませんか?」

との問いかけに「はっ」としたように、お顔が上がりました。

「長」という重責の元、日常業務に追われたり、
またご年齢的にも思春期のお子さまや、ご両親のお世話をなさりながら、
お仕事を頑張っていらっしゃる皆さまのお姿が、一瞬の動きの中に感じ取れました。

「マナーは『心』。どんなに素晴らしい『心』を持っていても、
きちんと伝えられなければ、0(ゼロ)どころか反ってマイナスになる」

「きちんと伝える為には、『表情』『言葉』『態度』が必要」

「先ずは『笑顔』そして、
『行動に言葉を言葉に行動を』
をぜひそれぞれの園で実践なさってください。」

の言葉がけに、皆さま一斉に、頷きながらメモをとっていらっしゃいました。

DVDを見ながらの「スマイルエクササイズ」では、
さすがは園長先生の方々。

なさらなくてもみなさん笑顔は完璧でしたのに、
より一層真剣に取り組まれていらっしゃるご様子に、
こちらが心を打たれました。

どこからか
「スマイルエクササイズで、ほうれい線を克服します!」
とのお言葉も飛び出し、始終和やかムード。

お辞儀のレッスンでは、皆さま完璧。

キレイなお辞儀

美しい!

間違った言葉遣いでは「~の方」や「~になります」の誤用例に爆笑の渦。

皆さん「ある。ある!」「無意識に使っていたけど。。。」
「言われてみればその通り!」「気を付けなくっちゃ!!」
と口々に周りの方と話し合っていらっしゃいました。

「クレームを起こさないためには、普段のコミュニケーションが大切」

万が一起きてしまった場合の対処法や、
マニュアル作りの方法なども、熱心にメモを取っていらっしゃいました。

質疑応答

園で子どもたちにお辞儀をするように指導しているけれど、
使い分けまで教えた方がいいでしょうか?」とのご質問や、
「笑顔のつもりでいたけれど、はっとしました。
これからは今日の講義を思い出して、『笑顔』意識します!」等々

終わってからも、田野の元を訪れ沢山の言葉をおかけくださる様子を拝見し、
皆さまの心に響く講演会であったのだと、とても嬉しく感じました。

お世話くださった、支部長様からも
「あっという間の90分でした。もっともっとお話を伺いたかったです。
ありがとうございました。」と、とても嬉しいお言葉をいただきました。

支部長様には、いろいろとお世話いただき感謝申し上げます。
ありがとうございました。
(伏見 眞由美 記)

トータルマナー株式会社では、
上記のようにご希望に応じた内容・時間内での講演も可能です。
お気軽にお問い合わせください。

トータルマナー株式会社資料請求・お問い合わせ

カテゴリー: 講演 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

児童福祉に携わる新入職員対象 接遇マナー研修


児童福祉に携わる新入職員対象 接遇マナー研修

平成29年3月1日(水)
西宮市保育協議会様
講師:トータルマナー株式会社 代表取締役 田野直美
アシスタント講師:トータルマナー株式会社 谷澤明子

西宮市保育協議会様のご依頼で、
この春から児童福祉に携わる新入職員の皆様対象の「接遇マナー研修」が
西宮市市民交流センターにて行われ、アシスタントとして同行致しました。

受講生は60名。
会場の扉を開けますと、ほとんどの方がリクルートスーツに身を包み、
ご着席になっていました。

研修は、
「社会人としての心得」
「保育の現場で働く心構え」
の話から始まりました。

講師から

“幼い子どもの命を預かっていると自覚すること”
“少しの気の緩みが事故につながること”

に関して、実際に起きた事例が紹介されると、
皆様の表情に少し緊張感が走ったように感じました。

新入職員接遇研修1

真剣な表情でメモを取り、熱心に耳を傾ける方がいらっしゃる一方で、
午後からの研修ということもあり、眠ってしまわれる方、
足を組むなど、まだまだ学生の感覚が残っている方も若干お見受けいたしました。

そのような時、アシスタントはそっと近づき、
周りに知られないよう、その方に恥をかかせないように、
タイミングを見計らって促します。

身をもって経験する事も大切な研修の一つだと私たちは考えております。

研修が進むにつれて、皆様の表情に少しずつ変化が見られました。

“思いやりの心は目で見ることはできない”
『こんなにも愛情を注いで保育している気持ち』は、
どうやって子ども達や保護者に伝えるの?

という講師の問いかけに皆様は困惑したご様子。

新入職員研修2

「心は、『表情→笑顔、言葉→あいさつ言葉、態度→お辞儀』で相手に伝えるのよ」
という言葉に、受講生の皆様の心に一筋の光が差したように感じました。

当社のオリジナルDVDを用いての笑顔レッスンでは、さすが保育士の皆様。

新入職員研修3

“笑顔のキープ”の場面では、皆様の素晴らしい笑顔に心が温かくなりました。

当社では、お辞儀の研修は実際にビデオ撮影を行い、
受講生の皆様にご覧いただきます。

実技は恥ずかしさの方が勝ってしまいましたが、
フィードバックすることでご自身のクセや直すところが
明確にご理解いただけたようでした。

新入職員研修4

最後は、電話対応の実技。

研修用のデモ電話機を使用して、
2人ペアになって会話し、その会話を録音致します。

受講生の皆様は、初めて聞くご自身の声に
「思っていた声と違う!」と驚いていらっしゃいました。

研修終了後の皆様の素敵な笑顔を拝見しながら、
これから新社会人として、保育士として、
必要なことを学び心新たになさったように感じました。

女性の社会進出が目覚ましい中、子ども達にとって保育園は“第二の家”

受講生の皆様が、「保育園での子ども達のお母さん」として、
「保護者の皆様の子育てのパートナー」として、沢山の方々から信頼され、
愛される保育士に成長されますことを心からお祈りいたします。

(谷澤 明子 記)

 

【今回のカリキュラム】

1.マナーの重要性 マナーとは
2.温かい心の投げかけ
~あいさつのマナー~
・あいさつの重要性
・お辞儀の実践
3. 敬意を伝える
~会話・言葉づかいのマナー~
・立場に応じた言葉づかい
・応対の基本用語
4. 感じの良い
~電話応対のマナー~
・基本の受け方・かけ方
・不在処理・伝言の聞き方

 

トータルマナー株式会社では、業種、業態に合わせて、
ご要望に応じてカリキュラムを作成することが可能です。
お気軽にお問い合わせください。

トータルマナー株式会社資料請求・お問い合わせ

カテゴリー: 接遇マナー研修, 新入社員研修 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

関西作法会創立35周年記念祝賀会


2017年3月5日(日)
トータルマナー株式会社の前身である
関西作法会の35周年記念祝賀会が西宮市ノボテル甲子園において開催されました。

お忙しい中にもかかわりませず、ご来賓の方々をはじめ、多くの皆様にお越しいただき、本当にありがとうございました。

昭和57年に産声をあげた関西作法会も、35年目を迎えましたことは、
ひとえに、多くの皆様のご指導、ご支援のたまものでございます。

心よりお礼申し上げます。

1部式典
関西作法会35周年記念式典主催者あいさつ

2部研究発表
関西作法会35周年記念式典2部研究発表

3部懇親パーティー
関西作法会35周年記念式典懇親パーティ

また、皆様からたくさんのお花を頂戴しました。
ありがとうございました。(一部です)

関西作法会35周年記念式典お祝いの花1

関西作法会35周年記念式典お祝いの花2

これからも、関西作法会はより、一層研鑽を重ねてまいります。
どうか、今後とも、さらなるご指導と、ご鞭撻を賜りますようにお願い申し上げます。

式典、懇親会の様子は、下記で紹介しております。
http://www.manner.co.jp/ceremony-35thaniv.html

カテゴリー: お知らせ, 社内行事 | タグ: , , | コメントをどうぞ
  • マイベストプロ神戸掲載中